※当サイトは出会い関連の情報を取り扱っています。18歳未満の方はすみやかにこちらからご退出下さい。

既婚者が集まる人気サイト1月TOP3

1位 ミントC!Jメール≪18禁≫
2位 PCMAX
3位 ウラデジ

会社と家庭の往復、スーパーマーケットと家庭の往復。
よく言えば安定・平凡、悪く言えば抑揚や刺激のない毎日。物足りない日々を過ごしている既婚者さんも多いのではないでしょうか。

そこにほんのちょっぴりでいい、カフェでお茶をしながら語ったり、一緒に食事をしたりすることができる異性の友人が欲しい・・・。そして上手くいくなら、いけない秘密の関係にも挑戦してみたい・・・。

不倫というと聞こえは悪いですが、要は自分の伴侶以外と時間を過ごすこと。きちんとノウハウを学んでから始めれば、難しそうだった不倫にも簡単に手が届くようになりますよ。

このページでは、不倫にまつわる体験談を掲載しています。
今回は体験談26~30です。

26 いつまでもキレイでいたいし・・・

名前:ミキモモ  20代女
専業主婦やらせてもらえて旦那には感謝してるけど、やっぱり昼間一人でいるの寂しいし、ヒマで頭おかしくなりそうだったのね。
だから暇つぶしに出会い系に登録しちゃった(笑)
今や出会い系は私には無くてはならないものになっちゃった。私にとって出会い系は心のオアシス。

それで今、旦那と結婚する前にもう少し遊んでおけば良かったなーって思ってるところ。
色んな男の人と話しするの超楽しいし、デートで女の子扱いされるのもすごく刺激になって、もっとキレイにならなきゃって思う。

多分、相手が旦那だけの時よりも今のほうがキレイになってると思うな。
それって旦那にとっても良いことだと思う。

記事の続きをよむ⇒

このページでは、不倫にまつわる体験談を掲載しています。
今回は体験談21~25です。

21 会社の部下と不倫関係になった

名前:センチメンタルDJ  40代男
社内でも評判の女性社員が私のところに配属され、新人歓迎会の時に酔っぱらった彼女を自宅までタクシーで一緒に乗って送りました。

1人では歩けない様子だったので、そのまま家に入れベットに寝かせ水を飲ませると、彼女の方から「なんかお父さんみたい♡もう少し居てください」と。

1人暮らしの女の子部屋で、しかも相手はまだ23歳。
最初は酔った部下を無事帰宅させるという使命感から送りましたが、この時には久々のトキメキが顔を出していました・・・。
後ろからギューってしてくださいと言われ抱きしめていると、チンコをまさぐる彼女。

もう私も男です。こっちを振り向かせキスをし、ブラのホックを外しYシャツ越しに胸を揉みしだきます。
彼女は拒否することなく私を受け入れ、はじめてのセックスなのに中出し。

この日からもう1年以上も経過していて、今ではSMプレイや痴漢ごっこなど様々なセックスを楽しむ仲になりました。
妻と別れてくれとも言ってこないし、適度な距離を保ってくれる良いセフレができました。

記事の続きをよむ⇒

不倫する人は浮気しやすい?

不倫相手が浮気!?そんなの許せない!

はい。賢明な方ならこれからいうことがおわかりかもしれませんが、「不倫」という時点で貴方か相手のどちらかは「浮気」をしています。
その状態で「信じられない!」とか「信じてたのに!」というセリフは傍から見ると「え??」となります。残念ながら。

浮気をするような人が、何故あなたとお付き合いしているときにだけ浮気をしないと言い切れるのでしょうか。
浮気の善し悪しをここで問うつもりは毛頭ございません。
ですが、何か事情があるにしろ現在の関係性を清算することなく事無く恋人を作ることが出来る人であることは証明されているのです。

自分は不倫でなくてもパートナーがいるとわかっている人とお付き合い出来るわけです。不倫否定派の方よりもストライクゾーンが広がります。
尚且つ恋人に自由に会えたり連絡出来ない寂しさから漬け込まれる可能性も高いかもしれません。

記事の続きをよむ⇒

このページでは、不倫にまつわる体験談を掲載しています。
今回は体験談16~20です。

16 やっぱり相談系はそういう関係になりやすいですね

名前:サルトル  30代男
職場のとある同僚の女の子の恋愛相談を受けていたら、そこから不倫の関係になっていきました。
そもそもなぜ自分が彼女の相談相手になっていたかというと、職場でも評判の仲良し夫婦と思われていたというのもあると思います。

彼女は数ヶ月前までは彼氏とののろけ話もしてはいたのですが、徐々にお互いの仕事の関係で会えなくなりぎくしゃくし始めて、最近では口を開ければ喧嘩に発展するような状態になっていました。
元々結婚も考えていた仲だったのにそれももう叶わないだろうと、彼女は仕事に支障が出るほどに大分落ち込んでいて、それを見かねた自分が話かけてそのまま向こうの相談相手になり、時々夕食を共にするようになりました。
この時嫁には、男の同僚と飲みに行っていると言っていました。

そしてとうとうある夜、彼女は彼氏に音信不通にされて精神的に参っていたので、それを見かねてつい、彼女を引き寄せて抱きしめました。
結構長い時間そのままの状態でいて、その日はそのまま別れました。
彼女と離れる時、とても名残惜しかったのを今でもはっきり覚えています。彼女もそうだったと思います。
そしてその後不倫関係になりました。
お互い、彼女が新たに相手が出来るまでと決めてはいます。

記事の続きをよむ⇒

不倫の恋は始まった時に必ず別れへの線引きをしておく

ヒトのモノと思うから燃えるだけ、という特殊な性癖をお持ちの方以外は、不倫といえども普通に男女が恋に落ちてお付き合いに至ってるのが一般的です。

もちろん家庭を壊すつもりもなく遊びで異性とお近づきになるような方もいるかと思いますが、そんなの独身でも体目的で異性に近づく人もいれば結婚するつもりがなくお付き合いする人なんていっぱいいます。

何が言いたいかといいますと、パートナーの置かれた状況の違いはあれど、不倫だからって特別な始まり方ではなく、普通の恋愛と同じように始まっているということです。

好きになった相手がたまたま既婚者だった、結婚してから本当に好きな人に出会ってしまった、なんてよく聞くセリフです。それを否定するつもりは毛頭ございません。

しかし、どんなに恋の落ち方は一緒でも、状況が全く違う事は考えておかねばなりません。
普通、恋に落ちた男女は「別れ」を前提としていませんが、不倫の状況は普通ではありません。
恋の始まりは誰でも浮かれているし、1番楽しい瞬間であろう時に無理な話かもしれませんが、不倫であるなら「好き・嫌い」ではなく「こうなったらどんなに好きでも絶対に別れる」と明確に線引きしておくことが大切です。

記事の続きをよむ⇒