※当サイトは出会い関連の情報を取り扱っています。18歳未満の方はすみやかにこちらからご退出下さい。

既婚者が集まる人気サイトTOP3

1位 ミントC!Jメール≪18禁≫
2位 PCMAX
3位 ウラデジ

ピックアップサイト

会社と家庭の往復、スーパーマーケットと家庭の往復。
よく言えば安定・平凡、悪く言えば抑揚や刺激のない毎日。物足りない日々を過ごしている既婚者さんも多いのではないでしょうか。

そこにほんのちょっぴりでいい、カフェでお茶をしながら語ったり、一緒に食事をしたりすることができる異性の友人が欲しい・・・。そして上手くいくなら、いけない秘密の関係にも挑戦してみたい・・・。

不倫というと聞こえは悪いですが、要は自分の伴侶以外と時間を過ごすこと。きちんとノウハウを学んでから始めれば、難しそうだった不倫にも簡単に手が届くようになりますよ。

なぜ不倫でアナルなのか?

不倫相手との逢瀬、ダメと分かっているから興奮してしまう。モラルがない大人になってしまったと思いながらも止まらない肉欲、それでも怖いのが相手女性を妊娠させてしまうこと。

それが不倫セックスの怖さであるとともに、さらなる興奮を呼び起こすトリガーにもなる訳ですね。コンドームを着用するのはもはやルールですが、実際不倫セックスの場面でコンドームが使われることはそこまで多くありません。

だからこそ、トライしてほしいのがアナルセックス。異端のアナルを使った性行為に拒否感を示す男女は少なくないのですが、万が一直腸内に出してしまったとしても最悪妊娠の可能性はないということ。

男性にとってはキツいアナルを犯せる気持ちよさ、女性側はアナルだからこその丁寧な気遣いにスペシャル感を感じるそうです。

アナルセックスでお互いを思いやれる、そしていつものマンネリプレイを解消できるならトライしてみる価値はあるかもしれませんね。 記事の続きをよむ⇒

このページでは、不倫にまつわる体験談を掲載しています。
今回は体験談66~70です。

66 妻と同じ名前(笑)

名前:ボクシー 40代男
40代~50代の女との出会いが欲しくて登録しました。不倫って言うのには昔から憧れがありました。
何人かとメッセージのやり取りをして、現在は、何人か不倫関係になった人がいます。
私が既婚者なので頻繁には相手してやれないんですが、それでも長く関係を続けられている人もいて、充実した不倫ライフを送れています。
その中で、掲示板ではハンドルネームを使っているので分かりませんでしたが、会って名前を聞いたら妻と同じで驚いた、ということがありまして・・・(笑)
顔は結構タイプでしたし相性も悪くなさそうだったんですが、どうしても名前を呼ぶたびに妻のことがチラつきそうだったのでやめておきました(^^;
でもあとで思ったんですが、かえって同じ名前の方が不都合がないかも?なんて(笑)
とても積極的で求め方が可愛らしかったので、良いなーと思ってたんですが・・・まぁ何にしても少しでも心配なことがあればやめておいた方がいいですね。
ちょっと勿体なかったですけど。
記事の続きをよむ⇒

このページでは、不倫にまつわる体験談を掲載しています。
今回は体験談61~65です。

61 がっかりしたけど別の意味で楽しんだ(笑)

名前:RIKIYA 40代男
お付き合いするなら趣味の合う女性が良いなと思って探していました。すると、ボーリングが好きだという女性からメッセージが。
プロフィールを見てみると、確かにボーリングが好きだと書いてあり、歳は同年代。それからいくらかやり取りをして似ている芸能人は?という話になったとき、「壇〇と言われたことがある~」と言っていたので素朴で綺麗じゃん!とすっかり壇〇を想像して会いに行ってしまいました。
今思うと何故ネットでまだ会ったこともない人間の発言を信じてしまったのか分かりません。
もちろん、壇〇はそこにいませんでした。普通のおばちゃんがそこにいました。素朴で童顔、という大きな系統としては同じ?だったかもしれません。ただ、外見としてはがっかりしたものの、中身はとてもいい人でした。デート場がボーリング場というのもあったでしょうけど、明るくて話が面白くあっという間に時間がすぎた感じでした。
それでも二回目はないかなと思い連絡をしないでいると、あちらも察したのか自然的に消滅となりました。
記事の続きをよむ⇒

このページでは、不倫にまつわる体験談を掲載しています。
今回は体験談56~60です。

56 会えた人数だけは誇れる

名前:助ROCK 50代男
人を選べる年齢でも立場でもございませんので、釣れただけお持ち帰りをさせてもらってますよ。なのでどんな美しく床上手な女性と出会えた?と問われると他の男性には負けるかもしれませんが、何人と会えたの?と聞かれれば勝てる自信があります。
不倫の始まりは他愛もないことなんですよ。たった一通のメールがきっかけです。背も学歴も高くありませんから謙虚なのが一番!メールの数、親身に話を聞いた時間は誰にも負けません。お陰で今は二人不倫相手がおります。
愚痴を聞いてあげましょう。聞くだけではなく、それで?と深く興味があるように問いかけてあげるんです。愚痴を聞いてもらった、という恩をつくるというと言葉は悪いですが・・・実際のところそれが戦略です。不倫に転ぶ女性なんて、何か理由があるに決まってるから。
記事の続きをよむ⇒

出会う前にメッセージで話し合っておく

出会い系サイトでは基本的に、男性が女性を誘うことが多いです。女性がセックスしたい!と誘ってくる事は限りなくゼロに近いので、積極的にそういう方向に持っていくのはいつでも男性の役割です。

よく出会い系サイトですぐ会いたいと言ったりセックスしようなどと言うと、女性に引かれてしまったり警戒されてしまうというイメージがありますよね。確かにそうなのですが、逆に全く会った後のことを話さないでいると、いざ会ったときに「そういうつもりじゃなかった」と言われる恐れがあります。

突然切り出すのはナシですが、全く話さないというのもナシなんですね。

出会っていい雰囲気になったとしてもセックスできない原因として「女性側の準備が出来ていなかった」という点が挙げられます。 記事の続きをよむ⇒