メールが来ない時の原因と対策

既婚者が集まる人気サイト厳選TOP3

1位 ミントC!Jメール≪18禁≫
2位 PCMAX
3位 デジカフェ

出会うことだけが目的になってない?

出会い系サイトなのに、なぜか出会えない。こんな悩みを持っている人多いですよね。

あなたはもしかして出会い系は「会う約束を取り付ける場所だ」なんて思っていませんか?そう思っているとしたら、それがメールや返事が来ない原因の一つかもしれません。

出会い系サイトがどんな機能を持っているか見てみると、メールや掲示板は大抵のサイトに付いていますよね。そして機能が多いサイトだと、チャットやボイスチャットなどリアルタイムで話ができたり、日記など一見直接出会いには関係なさそうな機能が付いていたりします。

これらが何のためにあるのか、それは「会話をするため」です。当たり前じゃん!と思うかもしれませんが、実はこの会話が出来ていない人がとても多いんです。

特に既婚男性は、本音は「即ヤリたい」「セフレがほしい」「都合のいい不倫相手いないかな」・・・こんな感じじゃないかと思います(笑)とにかく、なるべくどころか極力お金を掛けずにすぐ会いたい。

本音はこれでも良いんです。気を付けたいのは、それだけを目的にしていると焦ったり急かしていることが相手にモロバレだということ。

メールは約束を取り付けるためのものではなく「距離を縮める」ためのものだと思って送るのが正解。急がば回れ、は出会い系サイトで一番身に染みる格言かもしれません。

どうでもいいメールを送りつけてない?

世の中には生物学的な性別で分けるとしたらですが、男と女の2パターンしかいません。年齢や地域、出会いの目的も様々なので男なら男、女なら女全員がライバルというわけではありませんが、職場の男性女性を取り合うような小規模なバトルではないわけです。

ライバルがたくさんいる中で、他の誰よりも自分に目を向けてもらうためにメールをこまめに送るという人も多いんじゃないでしょうか。朝のおはようメール、昼の息抜き雑談メール、夜のお疲れメール。

しかし、頻繁にメールを送れば良いというわけではないんです。そのメールで逆に「どうでもいい」「返事に困る」「返事が面倒」と思わせてしまったら一気にメールの返信率が下がります。

最近まで知らない者同士だった人間が毎日気さくにメールをしている。それで実際以上に、仲良くなれたと勘違いしてしまうんです。だからただの挨拶メールでも相手は喜んでいるだろうと勘違いするし、頻繁なメールも刺激になると信じてしまう。

だけど忘れないでほしいのが「まだ会ってもない相手」だということ。もちろん会わなくても気持ちが盛り上がる二人もたくさんいます。しかしまだ相手が悩んでいる状態だと、しつこさを感じさせてしまいます。

質問形式でなくてもいいですが、メールはなるべく相手にとって「返信する意味がある」ものにしましょう。

出会えるルートから脱線してない?

型破り、破天荒という言葉があります。常識的な型にはまらないという意味ですが、これはきちんと常識がある人がそれを踏まえて独自路線へ向かうことを指しています。

しかし出会い系ユーザーの中には、基本を知らずに、もしくは基本を守らずに最初から自分の方法で突き進む人が一定数います。

まず出会いの基本ルートの最初は、男性有料の出会い系サイトを探す。この時点で、金は払いたくない!無料がいい!とさっそくルートから外れてしまう人がいます。出会い系の利用料は安心代だと色々なサイトが散々言っているのにです。

そして次に、最短1~2週間などゆったり期間をとってメールをする。これも、金が無駄だ!と相手を急かし破談になること数知れず・・・。ここで多少お金が掛かっても相手としっかり信頼関係が結べていれば、実際に出会ったときの経費は掛けずともいい雰囲気のデートができるのに。

このようにほとんどがお金のことでしたが、出会うためには必要経費というものがあり、それは掛かるのが「基本」なんですよね。節約したい気持ちは本当によく分かりますが、この基本は守った上でその先のどこで節約ができるかを考えて下さい。