不倫相手との出会い方

ハプニングバーとは?

後腐れないアバンチュールをロマンティックに。高層階の摩天楼でセックスオンザビーチをすすりながら外国人女性と仲良くなって……、なんてドラマみたいな出会いはなかなか転がっていないものです。

しかし最近はハプニングバーという場所を存分に利用して不倫を楽しむ男女が増えているそうですよ?まずここでハプニングバーについて解説すると、いわゆるちょっとしたサプライズ、ハプニングを地で楽しめるバーのことです。

つまり男女様々な性的嗜好を持った人々がそこに集い、お酒を楽しみながら、際どい話題に花を咲かせ、ちょっと気分が上がればその場のノリでキス、ペッティングから本番までが出来てしまう何でもござれな不思議な世界。

まず勘違いしてほしくないこと、それはハプニングバーは風俗店ではなくあくまでお酒と出会いを嗜む場所であるということです。

男性上位なんてとんでもない、そこでは女性が一番トップに君臨する女系バー。単独女性かカップルなのか、それとも単独男性によるのかで支払う料金は異なりますが、通常単独男性はかなり高額な値段が設定されています。

SMから緊縛、エッチな痴漢願望に聖水まで、人間の性的欲求はたいていそこで叶ってしまう、そんな大人の楽園にはダーツからシャワールーム、発展場と見間違うようなプレイルームも完備。

まさに大胆不敵な大人の遊びが何でも揃い、SMショーやコスプレナイトなどのイベントもしばし開催されています。 記事の続きをよむ⇒

既婚者だからこそプロフは真面目に

既婚者が出会い系サイトを使うことは何も珍しいことではありませんが、相手から既婚者がどのように見られるかと言われたら、やっぱり「遊び人」に見られやすいのが事実です。

既婚者が出会いを求めているだけで「遊び目的」「不倫目的」というレッテルが付き警戒度が上がります。

だから既婚者のプロフィールまでもがチャラかったら、メールを送ってもらえなかったりこちらから送っても返事をもらえなかったり・・・となかなかチャンスに恵まれない状況になってしまいます。

既婚者だからこそプロフは真面目さを意識して入力していく必要があるんですね。プロフの書き方は基本的に敬語で、誤字脱字をしないよう一度作ってももう一回見直すくらい余裕を持って作っていきます。

たまにいませんか?焦って送ったのか変な日本語のままメールやLINEを送ってくる人。こういうのって地味にイライラするというか、丁寧さや誠実さを感じないですよね。

プロフィールにはスピードが求められているわけはないので、基本情報の項目はよく考えて全て埋め、フリー欄は短すぎず長すぎず真面目な自己紹介を。

既婚者はすでに既婚者というハンデを背負っていると思って、プロフで他の既婚者と差が付くように工夫していきましょう! 記事の続きをよむ⇒

若い女性の間でブームのパパ活とは?

昔から女性へお金を出してくれる男性のことを色々な名前で呼ぶ習慣がありますよね。

バブル時代なら車を出してくれるアッシーくん、食事をおごってくれるメッシーくんといった存在がありましたが、パパ活はそれと似ています。食事やショッピングに連れて行ってもらい、お金まで払ってくれる「パパ」を探す。それがパパ活です。

パパ、という名の通りアッシーくんやメッシーくんとは違い、対象となる男性の年齢は中高年~熟年が主です。今の若い男性のほとんどはお金を持っていませんから、ボーイフレンドを探すよりパパを探した方が良い思いができます。

男性もキャバ嬢やクラブ嬢のようなプロではなく、素人の女子と仲良くなりたい人が多いですから、双方にメリットがあるわけですね。

主にパパ活でやることと言えば、食事とショッピングです。男性は現役女子大生やOLなどの素人女性とのデートを楽しむ代わりに、女性の分の食事代や買い物代を支払います。それだけならただのデートですが、+αでお小遣いをあげないといけないことも。

もちろんお小遣いは絶対ではありませんが、その+αがないとデートしてくれない女の子もたくさんいます。 記事の続きをよむ⇒

出会うことだけが目的になってない?

出会い系サイトなのに、なぜか出会えない。こんな悩みを持っている人多いですよね。

あなたはもしかして出会い系は「会う約束を取り付ける場所だ」なんて思っていませんか?そう思っているとしたら、それがメールや返事が来ない原因の一つかもしれません。

出会い系サイトがどんな機能を持っているか見てみると、メールや掲示板は大抵のサイトに付いていますよね。そして機能が多いサイトだと、チャットやボイスチャットなどリアルタイムで話ができたり、日記など一見直接出会いには関係なさそうな機能が付いていたりします。

これらが何のためにあるのか、それは「会話をするため」です。当たり前じゃん!と思うかもしれませんが、実はこの会話が出来ていない人がとても多いんです。

特に既婚男性は、本音は「即ヤリたい」「セフレがほしい」「都合のいい不倫相手いないかな」・・・こんな感じじゃないかと思います(笑)とにかく、なるべくどころか極力お金を掛けずにすぐ会いたい。

本音はこれでも良いんです。気を付けたいのは、それだけを目的にしていると焦ったり急かしていることが相手にモロバレだということ。

メールは約束を取り付けるためのものではなく「距離を縮める」ためのものだと思って送るのが正解。急がば回れ、は出会い系サイトで一番身に染みる格言かもしれません。 記事の続きをよむ⇒

長く続けるだけが不倫じゃない

不倫というと何か月も何年も、気が合う恋人と秘密の恋愛をする・・・なんてイメージがあります。

一夜や一昼だけ会ってセックスする関係ならば、不倫じゃなくてセフレなんじゃないか?心は通わないんじゃないか?そんな感じもしますよね。

だから不倫初心者によくありがちなのが、相手に信頼してもらうため、相手に会いたいと思ってもらえるように「たった一人に集中して長々頑張る」ことです。でもいくらメールで親密度をアップしても、もし相手が会ってくれなかったら?会えたとして初日で気が合わないと分かったら?それまでの努力は水の泡です。

不倫で大切なことは、長く続けるために準備することではなく「できれば長く続けられる相手を見つける」くらいのゆるい気持ちです。数週間だけ盛り上がる不倫があっても良いでしょう。

本来不倫は日常に飽きた人たちや不満を持つ人たちが、刺激または反対に安息を求めてする行為です。相手に過剰に遠慮したり気を使ったりして無理に続けるものではありません。

特にネットで不倫相手と出会いたい人なら、余計にその世界の広さ・人数の多さを利用して、自分が無理せず不倫を楽しめる相手を探すのが賢い方法です。 記事の続きをよむ⇒