不倫相手との出会い方

LINE不倫に走る男性の心理とは?

不倫の定義を明確にするのはなかなか困難です。肉体関係があればもちろんクロですが、少しディナーやランチをしただけで不倫になるとは限りませんし、仲良くおしゃべりしただけで「あなた、不倫していたでしょう?」と妻に詰め寄られる場合もあります。

愛する妻がいても、どこかでときめく自分を持っていたい。そう思う男性はやっぱり少なくありません。それでも、いざ他の女性とセックスをしてしまうと罪悪感に苛まれていしまう。

ちょっと気になる女性を「引き留めておきたい」、または下心をそっと胸にしまって暇つぶしで女の子とやり取りしたい!そんな男性がLINE不倫に走るようです。

LINEでメッセージ交換をすることが不倫なのか?と言われれば、その線引きは難しいですが、ある種の好意もしくはそれ以上の「下心」がそこに付随すれば立派な不倫の1つになりえます。
記事の続きをよむ⇒

出会い系サイトは料金が嵩みがち?

不倫を楽しみたい、婚外恋愛を堪能してみたいという男性女性は多いですが、特に男性にとって気になるのが出会うまでのメッセージやチャットの料金。たくさんの相手と知り合いたい人も、一人の女性を落としたい人も出会いまで成功させるにはある程度のメッセージ代が必要です。

そこで今回は、なるべく安く・お得に不倫相手と出会うコツや豆知識をご紹介しようと思います。
記事の続きをよむ⇒

既婚者だと顔写真が掲載できない…

既婚者が出会い系やマッチングサイトを使う時に一番気を付けたいことは、もちろん「身バレ」ですよね。せっかく匿名で使えるのに自分のミスで「これお前じゃない?」「あなたでしょ?」なんて言われたらと思うとゾゾーッとします。

出会い系やマッチングサイトでは顔写真がかなり重要ですが、既婚者に限ってはそんな危険なことはできません。しかし顔写真が掲載してある人としていない人では、当然写真がある人のほうが注目されます。

でも待って下さい、今は出会い系ユーザーの約6~7割が既婚者とも言われている時代です。そして実際にちゃんと出会えています。顔写真が載せられずチャンスがない人と、既婚者だけどバンバン会えている人の差は一体何なのでしょうか? 記事の続きをよむ⇒

ハプニングバーとは?

後腐れないアバンチュールをロマンティックに。高層階の摩天楼でセックスオンザビーチをすすりながら外国人女性と仲良くなって……、なんてドラマみたいな出会いはなかなか転がっていないものです。

しかし最近はハプニングバーという場所を存分に利用して不倫を楽しむ男女が増えているそうですよ?まずここでハプニングバーについて解説すると、いわゆるちょっとしたサプライズ、ハプニングを地で楽しめるバーのことです。

つまり男女様々な性的嗜好を持った人々がそこに集い、お酒を楽しみながら、際どい話題に花を咲かせ、ちょっと気分が上がればその場のノリでキス、ペッティングから本番までが出来てしまう何でもござれな不思議な世界。

まず勘違いしてほしくないこと、それはハプニングバーは風俗店ではなくあくまでお酒と出会いを嗜む場所であるということです。

男性上位なんてとんでもない、そこでは女性が一番トップに君臨する女系バー。単独女性かカップルなのか、それとも単独男性によるのかで支払う料金は異なりますが、通常単独男性はかなり高額な値段が設定されています。

SMから緊縛、エッチな痴漢願望に聖水まで、人間の性的欲求はたいていそこで叶ってしまう、そんな大人の楽園にはダーツからシャワールーム、発展場と見間違うようなプレイルームも完備。

まさに大胆不敵な大人の遊びが何でも揃い、SMショーやコスプレナイトなどのイベントもしばし開催されています。 記事の続きをよむ⇒

既婚者だからこそプロフは真面目に

既婚者が出会い系サイトを使うことは何も珍しいことではありませんが、相手から既婚者がどのように見られるかと言われたら、やっぱり「遊び人」に見られやすいのが事実です。

既婚者が出会いを求めているだけで「遊び目的」「不倫目的」というレッテルが付き警戒度が上がります。

だから既婚者のプロフィールまでもがチャラかったら、メールを送ってもらえなかったりこちらから送っても返事をもらえなかったり・・・となかなかチャンスに恵まれない状況になってしまいます。

既婚者だからこそプロフは真面目さを意識して入力していく必要があるんですね。プロフの書き方は基本的に敬語で、誤字脱字をしないよう一度作ってももう一回見直すくらい余裕を持って作っていきます。

たまにいませんか?焦って送ったのか変な日本語のままメールやLINEを送ってくる人。こういうのって地味にイライラするというか、丁寧さや誠実さを感じないですよね。

プロフィールにはスピードが求められているわけはないので、基本情報の項目はよく考えて全て埋め、フリー欄は短すぎず長すぎず真面目な自己紹介を。

既婚者はすでに既婚者というハンデを背負っていると思って、プロフで他の既婚者と差が付くように工夫していきましょう! 記事の続きをよむ⇒