不倫中にバレない嘘をつく方法

既婚者が集まる人気サイト厳選TOP3

1位 ミントC!Jメール≪18禁≫
2位 PCMAX
3位 ウラデジ

嘘の中に少しだけ本当のことを混ぜる


不倫をするとどうしても嘘をつく機会が多くなります。配偶者へはもちろんですが、もしかしたら親や友人や職場の人にまで嘘をつかなければならないときがあるかもしれません。
嘘をつくのは心苦しいですが、バレずにうまく不倫をするためには仕方のないことです。どうせつくならしどろもどろになって怪しまれるような嘘よりも、誰も傷つけない上手な嘘をついてください。
そのためには演技力が必要です。でも役者でもない普通の人がそんなに演技がうまいはずがありません。そこで演技力があがるちょっとしたコツを教えます。
ひとつめは「嘘の中に本当のことを少し混ぜる」です。100%の嘘よりも、その中に10%でも本当のことが混ざっていれば信ぴょう性が格段に上がります。すると話しているほうにも自信が出てきてまるで全部が本当のことのようにスラスラと話せるんです。
実はこれは人を取り込むための有名なテクニックで、ホストや詐欺師なんかも使っていたりします。

自分をだまして嘘を本当だと思い込む

ふたつめは「嘘を本当だと思い込む」です。
多くの人は嘘をつくとき「嘘をつくぞ」と思うからわざとらしくなったり辻褄が合わなくなってしまうわけで、それなら全部本当のことだと思い込んでみればいいというものです。ただの事実を伝えるときにわざわざ「本当のことを言うぞ」と意気込んだり緊張したりする必要はありませんからね。
例えば今日は残業だと配偶者に嘘をついて実際には仕事のあと不倫相手とデートするとします。そのときに一旦「今日は本当に残業になったんだ」と強く思い込んでみてください。実際にそうなったと思って具体的なことまで想像してみます。
そうすると配偶者に話すときも事実を話しているだけなのでなんら不自然にはなりません。何か質問されたとしても具体的な背景まで設定済みなのでその通りに答えればいいだけです。
このテクを使う時は、自分で自分をいかにだませるかがカギになってきます。慣れればすぐに、事実でないことを事実であるかのように思い込めるようになってきます。

不倫を少し軽く捉えてみる

 
最後に3つめは「自分は大したことをしていないと思う」です。
いえ、不倫は当然いけないことだし絶対にバレてはいけません。でもあまりにもいけないことをしていると思いすぎてはいつもドキドキソワソワしてしまって周りに気づかれてしまいます。自分でもそんな自分に疲れてしまうと思います。
なので、自分の心の中だけでいいので「大したことではない」と思っていてください。あくまでも周囲にバレないために、自然な態度でい続けるためにそう思ってみるということです。
誰だって日常の中で、人に見られていなければちょっとした悪いことをしてしまうと思います。例えば車のまったく通らない横断歩道での信号無視や、小さなゴミのポイ捨てなど。誰かに見られていたらしないけど今は周りに誰もいないし、そもそもそこまでの悪事じゃないからいいじゃないか、という心理だと思います。
不倫もその程度だと思ってみると、途端に頭が軽くなって楽しめるようになります。極端な話ですがバレそうなときなどの本当にピンチなとき意外は、少しライトに考えているくらいのほうがうまくいくものです。"