不倫がバレる時はSNSが多い

既婚者が集まる人気サイト厳選TOP3

1位 ミントC!Jメール≪18禁≫
2位 PCMAX
3位 ウラデジ

不倫はSNSからばれる率が高い

昔と比べて不倫はとてもしやすくなりました。それに伴いばれる確率も上がってきました。
その理由は携帯とSNSの普及に他なりません。

普通にSNSをしているだけで見つかる事は少ないかもしれません。
しかし何かしらあれ?と変に思った妻(夫)がふと妻(夫)のSNSを見るとやたらいいねやコメントをしている人がいる。こんな友達いたっけ?って人が増えている。または友達でもないのに何でコメントとかしてるんだろう?

ばれる時の最初のきっかけなんて些細なものです。

元々友人も多く、SNS上ではたくさんの人とやりとりをしているタイプはばれないと油断している人が多いです。自分は完璧にふるまっているつもりでも・・・。
確かに会話やコメントは普通。でもなんか気になる。この人誰?と不倫相手を辿られてばれるケースも少なくありません。

裏アカで2人だけのやりとりなんか見られた日には言い訳のしようもありません。
会社のアカウントで頻繁にやりとりしているのもなんか変。相手は会社の人?とまで予想がついてしまうかもしれません。

自分は何もしていない。でも不倫相手が自分にも教えていない裏アカで2人の事をガンガン発信していた。
自分のSNSから辿られた不倫相手を調べられて、妻(夫)が相手の裏アカを発見。
この人がデートしている時、うちの妻(夫)も必ず残業している・・・
端っこに写っているブランドのコートが妻(夫)と同じもの・・・
夜景を撮った写真のガラスに妻(夫)が写っている・・・!!

なんてことも実際にあるのです。
今や素人でも様々な情報網を駆使すれば個人を特定できる時代です。

メールやラインの履歴を消しているくらいではアリバイ工作は全く不完全と思っておきましょう。
しかもばれた時に証拠が揃っているようなもの。

自分がしないだけでは防ぎきれないという事をきちんと考えておきましょう。

不倫相手を無駄に怒らせない

そんなわけでSNSは基本的にはしないことをオススメします。
まぁこれまでがっつりやっていた人が急にやめるのも怪しいし、興味なさそうだった人が急に始めるのも怪しいです。

ばれない為にはこれまで通りの生活を、が基本です。

ですが中には相手のSNSが気になる人はたくさんいます。わざわざ教えなくても本名でするタイプのSNSなら簡単に検索されます。
共通の知人がいれば本名でなくても簡単にたどって発見出来ます。

男と女です。最初は割り切っていてもどこでどう気持ちが変わるかわかりません。
本気でなくたって自分が何となく上手くいってない時に相手が絶好調だと面白くなかったりする人間だっているのです。

そんな時に不倫相手にSNSのアカウントを発見されて急にコメントなんて残された日には顔面蒼白物でしょう。
匂わせたがる輩もたくさんいます。

こればっかりは感情的になって衝動的に動いてしまうタイプを不倫相手にするのは控えた方が無難ですとしか言いようがありませんが、上手く言っている時には見えない部分でもあります。

ここでポイントなのは「嘘」と「幸せアピール」です。
例えばですが「妻とは仮面夫婦で子供が成人したら別れるつもりなんだ」と話している不倫彼氏のSNSで、仲良し親子の旅行やおでかけ情報と満面の笑みの写真が載っていたらどう思うでしょうか。

ハナから不倫関係であってお互い了承済みのはずなのに、相手は「自分は嘘をつかれた」と感じるかもしれません。
実際は本当に子供のためだけの仮面夫婦であっても、それは幸せそうな写真からは読み取ることが出来ません。

君だけだって言ってたのに、ずいぶん家でも楽しそうじゃない。
あなたしか愛していないって言いながら、妻(夫)とデートしてるじゃないか。
誕生日に会えないのが寂しいって言ってながら、大がかりなパーティーをしているじゃないか。

ほんの些細なヤキモチ、ほころびがきっかけで不倫相手がどういった行動に出るかは予測不能になります。

例え妻(夫)が疑ってなくても、不倫相手が興味本位から自分の妻(夫)のSNSに近づく可能性だってあります。
自分がSNSをしていなくても、妻(夫)が幸せそうな日常をアップしていてそれを不倫相手が見る・・・ということだってありえるのです。

これを防ぐためには
・基本的にはSNSはしない。少なくとも不倫相手とSNSで繋がらない。
・SNSの話はしない(友達がFBで~なんて話題からあなたのFBは?と気になるかもしれません)
・大きな嘘をつかない
・不倫相手をないがしろにしない(自分は所詮2番目だと感じると何をするかわかりません)

これらに気を付けておきましょう。

SNSからの悪事バレは自分だけでは防げません。防げないという事を前提に行動する事を心がけましょう。