出会える既婚者プロフの書き方

既婚者が集まる人気サイト厳選TOP3

1位 ミントC!Jメール≪18禁≫
2位 PCMAX
3位 ウラデジ

既婚者だからこそプロフは真面目に

既婚者が出会い系サイトを使うことは何も珍しいことではありませんが、相手から既婚者がどのように見られるかと言われたら、やっぱり「遊び人」に見られやすいのが事実です。

既婚者が出会いを求めているだけで「遊び目的」「不倫目的」というレッテルが付き警戒度が上がります。

だから既婚者のプロフィールまでもがチャラかったら、メールを送ってもらえなかったりこちらから送っても返事をもらえなかったり・・・となかなかチャンスに恵まれない状況になってしまいます。

既婚者だからこそプロフは真面目さを意識して入力していく必要があるんですね。プロフの書き方は基本的に敬語で、誤字脱字をしないよう一度作ってももう一回見直すくらい余裕を持って作っていきます。

たまにいませんか?焦って送ったのか変な日本語のままメールやLINEを送ってくる人。こういうのって地味にイライラするというか、丁寧さや誠実さを感じないですよね。

プロフィールにはスピードが求められているわけはないので、基本情報の項目はよく考えて全て埋め、フリー欄は短すぎず長すぎず真面目な自己紹介を。

既婚者はすでに既婚者というハンデを背負っていると思って、プロフで他の既婚者と差が付くように工夫していきましょう!

プロフ項目はできる限り具体的に書く

出会い系は、とりあえず暇だから入会してみた~という男女も多いです。プロフを見ると空欄が多かったり記入はしてあるけど適当に埋められていて人柄が全く見えてこなかったりがほとんどで、いかに大勢がプロフを重要視していないかが分かります。

既婚者は独身者と比べてより人間性がチェックされるので、相手を安心させるための真面目さが必要なんです。

プロフは自分という人間をいかに文字だけで相手に伝えられるかの「伝言ゲーム」だと思って下さい。

出会い系でよくある項目で、性格やマイブーム、好きな音楽や芸能人といったものがあります。一見、そんなもの真剣に書いたところで・・・と思うかもしれませんが、相手にとっては貴重な判断材料です。

例えばマイブームで、特になしとか映画鑑賞とかぶっきらぼうに書いてあるよりも、アクション系の洋画が好きです、という風に書いてあるほうがその人の趣向が分かりやすいです。

同じ映画が好きな人の興味を惹く効果はもちろん、この人は丁寧で出会いに真剣な人なんだという印象を全員に抱かせることもできます。

さらにマイブームと合わせて「デートで一緒に観たいです」という文言を添えると相手に会った時の想像までしてもらえます。できるところまで、考えられるところまで具体的に詰めて書くことを意識してみて下さい。

出会い探しのきっかけ・理由を書く

独身が出会い系で活動するときって、理由が要ると思いますか?特に要らないですよね。寂しいからとか恋人が欲しいとか、多分そこらへんだろうと相手が察してくれるわけです。

でも既婚者って本来なら出会い探しなんてしなくていい立場ですよね。だからこそ「どういう経緯で出会いがほしいと思ったのか」の情報が必要なんです。

「不倫に興味があります」と書いてあるだけだと、セックスの相手がほしいのかそれとも家に居場所がなくて拠り所がほしいのか、どんな不倫がしたいのか分かりません。

男性の場合「妻と上手くいっておらず、夜飲んでから帰る日々です」などと書いてあれば、相手の女性から見ると「この人と会うと夜居酒屋で語り合うのかな」という会った後のイメージが付きやすいです。

旦那と上手くいっていない女性や、夜飲みに出掛けたいけど一人じゃなぁと思っていた女性など、色々な女性が興味をもち話し掛けてくれるチャンスが増えます。

既婚者は出会い系に登録するに至った背景を書くことで、共感や同情も得られます。既婚者が出会い系なんてと奥底で思っている人でも「それなら出会い系で気分転換したくなるのも分かるな~」と同情してくれるからです。