女が本当に不倫相手としたいこと4つ

既婚者が集まる人気サイト厳選TOP3

1位 ミントC!Jメール≪18禁≫
2位 PCMAX
3位 ウラデジ

いつでも身体を求めてほしい

不倫に走る女性というのは、彼氏が長らくいない20~30代の独身女性か、夫から心も身体も離れている既婚女性が多いです。

共通点は「孤独感」で、誰からも必要とされない寂しさより身体を差し出した充実感のほうがマシ!と思っています。

彼女たちはセックスして性欲をスッキリさせたいわけじゃありません。「私とセックスしたくてたまらない男がいる」という優越感で心を満たしたいんですよね。だから、あまりに毎回セックス三昧だ・・・と遠慮する男性も多いですが、逆に毎回セックスに誘ってあげたほうが女性たちは満足します。

会えたときはもちろん、会えない期間もメールで「会えない時間がもどかしい」「我慢できないよ」などと送ってあげるととても喜びます。

不倫相手と秘密を共有したい

女性が不倫をする理由の一つに、ドキドキ感を味わいたいというのがあります。ドキドキ感とは「秘密」のことです。

普通に生活しているとそこまで秘密にしておかなければならないことって無いですよね。でも不倫はそれ自体が秘密にしておかなければならないのに加え、不倫相手との間だけで通じる話や出来事があればなおドキドキして燃え上がります。

例えば女性は、あまり親しくない人を相手にしたほうが本音や愚痴を喋りやすいといいます。「夫が嫌で・・・」「胸が小さくて・・・」と言ったとき「全然気にしないよ」「むしろ可愛いよ」フォローしてくれたり「俺も嫁さんがキツくて」「俺も身長が低いのが嫌でさ」と共感してくれたりする男性を好みます。

弱い部分で繋がることで満たされたい、秘密を共有できて嬉しいという気持ちになるようです。

夫以外の男性と食事がしたい

女性が「不倫したい」と感じるきっかけとは実にひょんなことです。夫や彼にイラッとした、遊ぶ時間ができた、昼ドラでムラムラした、など色々ありますが、不倫のきっかけで一番多いのが「食事」です。

出会い系や不倫に限らず、食事は初対面の相手を誘う手段として最も現実的です。今度あそこのカフェ行こうよ、まずはランチからどう?などと誘われれば、食事なら・・・とOKする人は多いと思います。

食事に行くだけだからと自分を正当化できるというのもありますし、そもそも食事はデートと同じようなものですよね。デート=食事と言っても過言ではありません。

既婚女性の場合、夫以外の男性と食事がしたいというのが望みです。今さら夫と食事してもドキドキしませんからね。新しい相手と、家族ではなく男女として食事=デートをしたい!と思っている女性はかなり多いです。

趣味趣向が同じ男と遊びたい

夫婦は必ずしも趣味趣向が合って結婚するわけではありません。アウトドア派とインドア派、和食派と洋食派など絶対に反発してしまう部分があります。

長年それを我慢して夫を支えてきた既婚女性や、本当はアウトドア派だけど一人じゃできないことが多かった独身女性などは、単に「気が合う遊び相手がほしい」と強く思っています。

男は出会い系でセックスや刺激のために不倫相手を探すことが多いですが、このように女性は友達探しを兼ねて不倫相手を探すことが多いんです。だから最初から不倫目的や身体目当てで近寄ってこられるよりも、プロフィールの趣味欄を見て話し掛けてくれる男性のほうに目がいきます。

友達なら男じゃなくて同性でも良いじゃん!と思うかもしれませんが、男もどうせ隣にいるなら男より女の方が良いでしょう?それと同じで女性も、同性の友達と遊ぶのとはちょっと違う刺激を味わいたいのです。