※当サイトは出会い関連の情報を取り扱っています。18歳未満の方はすみやかにこちらからご退出下さい。

既婚者が集まる人気サイト厳選TOP3

1位 ミントC!Jメール≪18禁≫
2位 PCMAX(18禁)
3位 デジカフェ

会社と家庭の往復、家庭とスーパーマーケットの往復。
よく言えば安定、悪く言えば抑揚のない毎日を過ごしている既婚者さんも多いのではないでしょうか。そこに少しだけでいい、喫茶店でコーヒーを飲んだり、一緒に食事をしたりすることができる異性の友人が欲しい・・・。そして上手くいくなら、いけない関係にも挑戦してみたい・・・。

不倫というと聞こえは悪いですが、要は自分の伴侶以外と時間を過ごすこと。きちんとノウハウを学んでから始めれば、難しそうだった不倫にも簡単に手が届くようになりますよ。

長く続けるだけが不倫じゃない

不倫というと何か月も何年も、気が合う恋人と秘密の恋愛をする・・・なんてイメージがあります。

一夜や一昼だけ会ってセックスする関係ならば、不倫じゃなくてセフレなんじゃないか?心は通わないんじゃないか?そんな感じもしますよね。

だから不倫初心者によくありがちなのが、相手に信頼してもらうため、相手に会いたいと思ってもらえるように「たった一人に集中して長々頑張る」ことです。でもいくらメールで親密度をアップしても、もし相手が会ってくれなかったら?会えたとして初日で気が合わないと分かったら?それまでの努力は水の泡です。

不倫で大切なことは、長く続けるために準備することではなく「できれば長く続けられる相手を見つける」くらいのゆるい気持ちです。数週間だけ盛り上がる不倫があっても良いでしょう。

本来不倫は日常に飽きた人たちや不満を持つ人たちが、刺激または反対に安息を求めてする行為です。相手に過剰に遠慮したり気を使ったりして無理に続けるものではありません。

特にネットで不倫相手と出会いたい人なら、余計にその世界の広さ・人数の多さを利用して、自分が無理せず不倫を楽しめる相手を探すのが賢い方法です。 記事の続きをよむ⇒

不倫の二股は正直オススメしない

よく不倫とセフレって何が違うのか?という議論がなされますが、一般論として不倫は恋愛を楽しむもの、セフレはセックスを楽しむものだという認識があります。

もちろん不倫にはセックスが付きものだし、セフレにも多少は恋愛要素があると思いますけどね。不倫の楽しみ方は「相手を愛し相手から愛されながら恋愛・セックスを楽しむ」ことです。

そのためいくら婚外恋愛で自由だからといって浮気や二股、同時進行をすると、二兎を追う者は一兎をも得ずとなって、結局本当に大切に思ってくれる心と身体の拠り所を失ってしまうことになります。特に女性は勘がするどいですから、男性の二股・同時進行は比較的すぐに見破られてしまいます。

そもそも既婚者は不倫をした時点ですでに二股を掛けている状態です。ただ、不倫相手が一人だけの場合は妻や夫が本命(優先)で不倫相手は二番目になりますから、同時進行はさほど難しくありません。自分が既婚者だったりW不倫であれば、相手も理解してくれますからね。

しかし同じ立場の不倫相手が二人となると話は違ってきます。良好な関係を維持するのがグッと大変になるので、その気力や労力を使うくらいなら一人とゆったりした仲を楽しむ方が有意義です。 記事の続きをよむ⇒

熟年男女の不倫出会い事情

不倫は表面上同じような関係に見えても、恋愛と肉体(セックス)のどちらの比重が重いかはカップルによって異なります。

一般的には、恋愛100%の純愛カップルは滅多にいませんし、逆に肉体100%の身体だけが目当てのカップルもそんなに多くありません。一番多いのは、恋愛が30~40%、肉体60~70%程度のバランスでお付き合いしているカップルです。

その中で熟年世代はというと、相手が同世代がそうでないかでもその割合が変わってきます。大人になるにつれて、こういった婚外恋愛の相手には肉体ではなく心の繋がりのほうを重視するようになります。

そのため、相手の異性が同世代を求めているとき、セックス欲求よりも恋愛のほうを重視していると考えたほうが自然です。反対に、相手が年下や若い人を狙っている場合は恋愛よりもセックスを求めていると考えたほうが良いでしょう。

もう枯れた、と思っている熟年男女も多いですが、一度不倫を体験すると日々の生活も心も身体も一気に潤いを取り戻す人たちがほとんどです。そして、相手をコロコロと変えるというよりも一人の異性と長いお付き合いをする方が多い傾向もあります。 記事の続きをよむ⇒

不倫相手との初セックス向けラブホ

不倫関係にあるカップルなら全員が一度は通る道、初セックス。初セックスはまだお互いにお互いの体や性癖、好みを知らずに行う、お試しセックスとも言えます。

そんなまだたどたどしい二人にオススメなのは「綺麗なラブホテル」。最近のラブホテルはどこも高級ホテルのように外観も内観も綺麗なところが増えていますが、やはり以前からあるホテルやリーズナブルなホテルは良く言えばレトロ、悪く言えば古さを感じます。

ラブホテルへは主に男性側が誘うことが多いと思いますが、初セックスで女性を誘うホテルは、いわば男性のセンスが問われる場面とも言えるんです。

初セックス時はまだ、不倫相手としてこの人でいいのか?と探られている状態。こんないいホテルを知っている、こんないいホテルに連れてきてもらえた、という喜びが男性への評価アップに繋がります。

ずっとワンランク上の高めのラブホテルを使い続ける必要はないので、最初のうちだけ不倫相手として認めてもらうために頑張ると効果てきめんです。 記事の続きをよむ⇒

不倫には気持ちいいセックスが大事

不倫はセフレと違って、身体の関係だけで成り立っているものではありません。

しかしそうは言っても多くの不倫にセックスは付きものですから身体の相性は大切で、せっかく日常を楽しくするために不倫しているのに、相手とのセックスに不満があったらもったいないことです。

本当は身体の相性がバッチリ合う人を探せばいいのでしょうが、好意を持ったけれど身体の相性だけが合わないということだってあるはず。いくら不倫は相手を選び放題だと言っても、セックスの問題だけで別れてしまうのはちょっと違うような気がします。

楽しい不倫には気持ちいいセックスが大事だとタイトルにありますが、これは単に身体の相性が良い悪いで相手を判断せず、お互いにセックスを楽しめるよう思いやるべきだということを意味しています。

確かに不倫のセックスはセックスレスの不満や日頃のストレスを解消するためのものでもあるかもしれません。ただ、自分の欲望や願望をぶつけるだけでは長続きせず、結局また最初から相手を探すことになり不満が出る・・・という負のループに囚われます。

不倫は「婚外恋愛」とも呼ばれますが、その名の通り相手を恋人のように想うセックスが最も満足度が高くなるのです。 記事の続きをよむ⇒