不倫の楽しみ方・遊び方

熟年男女の不倫出会い事情

不倫は表面上同じような関係に見えても、恋愛と肉体(セックス)のどちらの比重が重いかはカップルによって異なります。

一般的には、恋愛100%の純愛カップルは滅多にいませんし、逆に肉体100%の身体だけが目当てのカップルもそんなに多くありません。一番多いのは、恋愛が30~40%、肉体60~70%程度のバランスでお付き合いしているカップルです。

その中で熟年世代はというと、相手が同世代がそうでないかでもその割合が変わってきます。大人になるにつれて、こういった婚外恋愛の相手には肉体ではなく心の繋がりのほうを重視するようになります。

そのため、相手の異性が同世代を求めているとき、セックス欲求よりも恋愛のほうを重視していると考えたほうが自然です。反対に、相手が年下や若い人を狙っている場合は恋愛よりもセックスを求めていると考えたほうが良いでしょう。

もう枯れた、と思っている熟年男女も多いですが、一度不倫を体験すると日々の生活も心も身体も一気に潤いを取り戻す人たちがほとんどです。そして、相手をコロコロと変えるというよりも一人の異性と長いお付き合いをする方が多い傾向もあります。 記事の続きをよむ⇒

不倫相手との初セックス向けラブホ

不倫関係にあるカップルなら全員が一度は通る道、初セックス。初セックスはまだお互いにお互いの体や性癖、好みを知らずに行う、お試しセックスとも言えます。

そんなまだたどたどしい二人にオススメなのは「綺麗なラブホテル」。最近のラブホテルはどこも高級ホテルのように外観も内観も綺麗なところが増えていますが、やはり以前からあるホテルやリーズナブルなホテルは良く言えばレトロ、悪く言えば古さを感じます。

ラブホテルへは主に男性側が誘うことが多いと思いますが、初セックスで女性を誘うホテルは、いわば男性のセンスが問われる場面とも言えるんです。

初セックス時はまだ、不倫相手としてこの人でいいのか?と探られている状態。こんないいホテルを知っている、こんないいホテルに連れてきてもらえた、という喜びが男性への評価アップに繋がります。

ずっとワンランク上の高めのラブホテルを使い続ける必要はないので、最初のうちだけ不倫相手として認めてもらうために頑張ると効果てきめんです。 記事の続きをよむ⇒

不倫には気持ちいいセックスが大事

不倫はセフレと違って、身体の関係だけで成り立っているものではありません。

しかしそうは言っても多くの不倫にセックスは付きものですから身体の相性は大切で、せっかく日常を楽しくするために不倫しているのに、相手とのセックスに不満があったらもったいないことです。

本当は身体の相性がバッチリ合う人を探せばいいのでしょうが、好意を持ったけれど身体の相性だけが合わないということだってあるはず。いくら不倫は相手を選び放題だと言っても、セックスの問題だけで別れてしまうのはちょっと違うような気がします。

楽しい不倫には気持ちいいセックスが大事だとタイトルにありますが、これは単に身体の相性が良い悪いで相手を判断せず、お互いにセックスを楽しめるよう思いやるべきだということを意味しています。

確かに不倫のセックスはセックスレスの不満や日頃のストレスを解消するためのものでもあるかもしれません。ただ、自分の欲望や願望をぶつけるだけでは長続きせず、結局また最初から相手を探すことになり不満が出る・・・という負のループに囚われます。

不倫は「婚外恋愛」とも呼ばれますが、その名の通り相手を恋人のように想うセックスが最も満足度が高くなるのです。 記事の続きをよむ⇒

一夜不倫って知ってる?

たとえ不倫願望があったとしても、それを行動に移す人もいれば移さない人もいます。

ですがよほどの遊び人でない限りは、実際に不倫をすることに対して少し勇気がいるんじゃないかと思います。

その、不倫は気になるし興味があるけどいきなり本格的な不倫を始めるのは不安、という人におすすめなのが「一夜不倫」です。

その言葉から大体分かるかもしれませんが、長いお付き合いを前提に知り合うのではなく、一晩だけ男女関係を結ぶという不倫の楽しみ方です。それって割り切りと何が違うの?と思うでしょうが、割り切りと一夜不倫の大きな違いは「恋愛気分を楽しむかどうか」です。

具体的な過ごし方で言えば、割り切りがホテル付近で待ち合わせをしてセックスをして終わりなのに対して、一夜不倫は例えばホテルに行く前にご飯を一緒に食べたりお酒を飲んだりと、セックス以外のことも一緒に楽しむことが多いです。

セックスを楽しむだけか、それともセックスを含めた恋愛全般を楽しむかの違いですね。

一夜不倫は試食みたいなものです。そこでお互いにOKが出たら継続不倫になっていきますし、NGだったら次の相手を探すことになります。 記事の続きをよむ⇒

責任がないデートやセックスが楽しめる

hgentei一般的にデートやセックスができるのは恋人同士です。だけど男と女の関係は人それぞれ。

セフレや不倫の関係だからといって、それが望んでいない関係と決め付けるのは間違っていて、この距離感をよしとして続けている不倫カップルもとても多いです。

恋人同士ならばデートを重ねることでそろそろ結婚?という、ある意味結婚へのカウントダウン的な意味もあるでしょうし、セックスまですればそれこそお互いはお互いだけという縛りも出てきます。だけど不倫だとそういう縛りや責任は一切ありません。

もちろん家庭に対する責任はありますが、不倫相手に対して何をしなければならないというものはなく、純粋に恋愛だけを楽しめるというのは不倫でしか味わえない感覚でしょう。

暇つぶしだとか寂しさを紛らわすためだとかきっかけはそれぞれですが、不倫を考える既婚者共通の不満は「恋愛がご無沙汰になっている」こと。奥さんや旦那さんと仲良くできるのが一番の解決策ではあるんだろうけれども、そんなに簡単なことじゃない。

青春時代のように責任など関係なく好き好きと言っていられる、一緒にいられる相手は既婚者にとって最も欲しい存在なのかもしれません。 記事の続きをよむ⇒