複数の男性・女性をキープしておこう

既婚者が集まる人気サイト厳選TOP3

1位 PCMAX
2位 ハッピーメール<18禁>
3位 デジカフェ

最初の一人で成功したらすぐ二人目へ

danjyokeep不倫は一人との関係を深めるべき、と思う人も多いかもしれません。確かにドラマを見ていても一人と恋愛をし愛し合う描写が多いと感じます。

しかしその結末はどうでしょうか?関係が深くなりすぎて、家庭を脅かしかねない状況になっていますよね。

不倫はセックス主体というより、結婚しているけれども恋愛を楽しみたい人が多い。だからあまり一人にこだわっていると、その人の全部を知った気になってしまい、余計なところにまで同情するようになってしまいます。それは近づきすぎ。

しかし気をつけていても恋愛というのは厄介なもので、好きになる、夢中になる理由なんて自分にも分からなくなります。ちょうどいい距離を保つには、一人でなく複数人との交際が一番良いかも知れません。

ハーレム、逆ハーレムを楽しむことができますし、過剰に不倫にのめりこむことも避けられる。まさに一石二鳥の方法です。

何人とまで同時に付き合ってOK?

複数人といっても、具体的にどれくらいの人と同時にお付き合いができるのかは個人次第。結婚前から遊びには慣れているよ、と言う人は3~5人でもいいですし、不器用なのでできるだけ1人とがいいな・・・という人はプラス1名で2人程度と付き合ってみましょう。

「この人しか自分の気持ちを分かってくれる人がいない」という考えに至るのが一番危険。人間付き合う相手が増えればそれだけ物理的に一緒にいる時間も少なくなるわけで、それが適度な距離を生んでくれたりするのです。

1週間に1度会うとして、最大は4~5人でしょう。
反対にあまりに多いと予定の組み間違えや名前の呼び間違えベタな失敗を起こしてしまったりするので、そこは自分の予定と相手のスケジュールを見ながらになってきます。2人から同じ日に会いたいなど言われたときが難しいと思います。

タイプの違う人を選ぶと不倫が楽しい

せっかくたくさんの異性と遊べるのですから、それぞれタイプが異なる人を選べばとても楽しい不倫ライフになると思います。サバサバした人、大人しい人、下ネタ好きな人、リードしてくれる人…など、色んなタイプと付き合うことによって自分の世界が広がります。

確かに不倫は、家庭や仕事などの不満を語り合ったり、慰めあったり、そして肌を合わせて男女の交わりを楽しんだりすることが主な目的です。だけどそれ以前にせっかくの人との出会いなのですから、傷の舐めあいだけではなく、一緒にいて元気になるような過ごし方もしてみたいもの。

「同じ悩みを持っていて、家庭が嫌だなと思ったら相談し合うために会う」のと「同じ趣味や趣向を持っていて、日頃のリフレッシュをしたいから会う」のとでは、大きく不倫のイメージが変わります。

苦しみから避けるのではなく、外への探究心を働かせる。不倫を成功させている人は、不倫に対してもいつもプラス思考なのです。