思わず返事をしたくなるメール例文

既婚者が集まる人気サイト厳選TOP3

1位 ハッピーメール<18禁>
2位 PCMAX
3位 デジカフェ

出会える人がやっていること

mailrei出会い系などで実際に異性と出会えている、不倫相手がいる人が全員文才がある人だと思いますか?答えはNO。

そう、メールは文章の上手下手ではなく、心理的に相手を惹きつけられる術を知っているか否かです。

これは学んで身に付く人もいれば、元々の自分の感覚でメールを送っていただけという羨ましい能力を持った人もいます。

家族や友人とメールをするとき、何も考えないで送る人っていませんよね。
牛乳買ってきて、とか水曜日空いてる?とか日常的な会話をするときも、「今日は早く帰ると言っていたから牛乳買ってきてもらおう」とか「火曜日はデートって言ってたから水曜日はどうかな」とか、相手の状況を想像してからメールを送ると思います。

これは知り合い以外とのメールでも同じことで、知らない相手だと余計に想像することが難しいため、もっと想像して考えて送る必要があります。出会える人は、最低限相手へ負担にならないような内容を考えて送っていて、なおかつ低姿勢で遠回りです。

メール内容で、相手が自分のことを十分に配慮して送ってくれている時はすぐに分かります。そんな丁寧なメールを無視できる人はいないのです。

返事をしなきゃと思わせるメール例文

脳科学的な面で、人は親切にしてもらったり、自分のことを考えてくれていることが分かるとそれを無視できないという現象があるそうです。例えば試食コーナーで一口食べるとその後ついその商品を買ってしまう、というスーパーあるあるがまさにこれです。

確かに美味しかったけど、元々買うつもりがなかったものを買う。これを出会いに言い換えると、全く知らない相手からメールが来たが、自分のプロフをよく見て送ってくれた友好的なメールだったからつい返事を送ってしまった・・・という感じです。

「初めまして、○さん。私は最近サイトに参加しまして、実はメールも初めてです(笑)○○さんはテニスがお好きということで、勝手にですが親近感を覚えました。私も週末は○○にあるコートで楽しんでいます。最初はメールで色々おしゃべりしませんか?お返事遅くなっても構いません。お待ちしていますね。」

この一文の中には、名前を呼んでいる、出会い系初心者だから他の人にはまだメールしていません、のアピールと、ちゃんとプロフィールの趣味を見てメールしたということ、そしてメールでおしゃべりという敷居の低さと、返事遅くなってもいいからという待ち姿勢。

キラキラと目を輝かせたワンちゃんに見つめられて撫でずにはいられないですよね。最初のきっかけは「返事をしたい」でなくても「返事をしなきゃ」であれば十分ということです。

さわやかでまじめな文章を作る方法

不倫にさわやかも何もない、と思うかもしれませんが、それは間違っています。不倫が普通の恋愛と違うところは、結婚できないということだけ。キスもするしセックスもする。カップルによっては恋愛と似た感覚を楽しんでいるでしょう。

特に女性は不倫に対しあまりいい印象を持っていない人がほとんどで、いつの間にか不倫関係になっていた・・・という人が圧倒的に多いです。不倫するかなぁ、と物件探しのようにセックスの相手を探す女性は少ないと思います。

要するに不倫は男女にとって恋愛とほぼ同じ。異性に注目してもらうには、いやらしさではなくさわやかさやまじめさをアピールすることが一番効果的です。

「初めまして、○さん。私は○○と言います。実は今、お友達を探しています。食べ友?と言うんでしょうか。○さんのような食べ歩きが好きな方とならどこまででも一緒に行けてしまうんじゃないかな?と思ってメールさせてもらいました^^色々情報交換なども楽しみたいです。お返事待ってますね!」

この一文には、最初に「お友達を探している」とはっきり述べていること、誰とでもでなくあなたとなら楽しめると思うという一途アピール、情報交換というクッションでメールや出会いへのハードルを下げる、そして最後に待ってますね!とさわやかで親しげな締めくくり。

このようにわざわざ自分を選んでくれているということと、理由も伝わってくる文を心がけてメールしてみましょう。