不倫デート代はどちらが出す?

既婚者が集まる人気サイト厳選TOP3

1位 ハッピーメール<18禁>
2位 PCMAX
3位 デジカフェ

男性が払うケースが多いけど・・・

datedai不倫といえどデートはデート。男性が女性をリードする世の中、悪いなと思いながらも男性の好意に甘えている女性も多いのではないでしょうか。不倫には体の関係も付き物で、特にホテル代はそんなに安いものではありません。

一昔前なら不倫は金持ちの道楽、と言うイメージもありましたが、昨今では一般の男女でも行っています。なのでデート代はお互い交互に負担し合えるのが理想的。もし相手が社長やお金持ちだというなら甘えてもいいかもしれませんが、一般の人であれば負担は同程度になるのが好ましいです。

今多く支払っている立場の人はもしかすると「いいよ出さなくて」と言ってくれるかもしれません。でもそれは見栄(プライド)だったり好意だったりするので、例え断られて払えなくても「じゃあ次のデートでね」と支払う意思を見せたり「ありがとう」という感謝の言葉を忘れなければとても喜ばれます。

不倫カップルのみんなはどうしてる?

不倫デートで財布を取り出す場面といえば、飲食代とホテル代。片方がデート代を全て出す場合は除き、みんなはどうやって折半しているのでしょうか。

とあるカップルは飲食代を彼女が、ホテル代を彼が出しています。飲食代のほうが若干少なく、男性のほうが少しだけ多く払っているという一般的なカップルに近い形になっています。
別のカップルは前回のデート代を彼が、今回のデート代を彼女が支払っています。これだと日によって差はあるものの、多くても少なくても揉めることがありません。

金銭的なことで揉めることはなくても、一人が負担していると金銭的に難しくなったときに、別れたくないのに別れる、会いたいのに会えないということにも繋がってしまいます。不倫関係を長続きさせるためにも、相互で負担し合うのが最もいい方法だと思いますよ。